文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)

3.73
  • (723)
  • (750)
  • (1361)
  • (56)
  • (7)
本棚登録 : 6025
レビュー : 534
著者 :
わかさん 作者:か行   読み終わった 

白と黒の世界に閉じ込められているような、そんな感覚に陥った。ちゃんと世界に色はあるのに、白黒で再生されている。
この話の舞台になった寺の秘密に、そうきたかとおどろいた。今回の京極堂の蘊蓄は主に仏教、というか禅宗の話だったのだけど、なかなか興味深い話だった。理解できたかといわれれば、できてないんだろうけど。犯人の動機には理解できないところがある、ひとはいるんだろうなあ。わたしはすとんと落ちてきたのだけど。
結界の中で生きつづけたひとたちは、ようやく結界から解放される。ただ最後の最後まで、縛られてしまうひともいた。その、執着の赤は白黒の世界の中でひときわ哀しみを放っていた。
キャラ読みすれば榎さんがすてきすぎた。榎さんがかっこよかった。久遠寺翁とあのひとの再会シーン、ぐっときた。こう、深いところをえぐられた。

(1376P)

レビュー投稿日
2013年4月19日
読了日
2013年4月12日
本棚登録日
2013年4月12日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)』にわかさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする