夜露死苦現代詩 (ちくま文庫)

3.71
  • (19)
  • (30)
  • (22)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 315
レビュー : 29
著者 :
ほんだなさん 本・雑誌   読み終わった 

<blockquote>コンビニ前にしゃがんでる子供が、いまなにを考えてるかといえば「韻を踏んだかっこいいフレーズ」だ。60年代の子供がみんなエレキギターに夢中だったように、現代の子供にはヒップホップが必修である。</blockquote>


<blockquote>暴走族が特攻服に刺繍を入れるとき、いちばんやっちゃいけないこと、それは「他人のフレーズをパクること」だという。</blockquote>
Don't Bite it.なんだかヒップホップ的。暴走族とヒップホップは元々共通するものがあったのかも。

<blockquote>しかし結局のところ、好きな物じゃなくて、いちばん嫌いなものの中にこそ、リアリティ隠れてるってことなのかもしれない。なにかを好きになるのは簡単だけど、嫌いになるには、自分のなにかがそれに反応しなくてはならないのだから。

言い換えれば、一番嫌いなものが、君をいちばんよく映す鏡なのだ。</blockquote>

ダースレイダーのインタビューも掲載されている。
日本のヒップホップ・シーンでダースが果たした役割はもっと評価されていい。
Da.Me.Recordsは日本のヒップホップの地層を豊かにした。

ダースがブラジルのサッカーに喩えているように、ハチ公前のサイファーなどでフリースタイルを広め、ラッパーの活躍場所を、なによりラッパーの数を増やした。

レビュー投稿日
2018年11月20日
読了日
2012年6月20日
本棚登録日
2018年11月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜露死苦現代詩 (ちくま文庫)』のレビューをもっとみる

『夜露死苦現代詩 (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『夜露死苦現代詩 (ちくま文庫)』にほんだなさんがつけたタグ

ツイートする