短編アンソロジー 味覚の冒険 (集英社文庫)

2.83
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 48
レビュー : 8
りかさん  未設定  読み終わった 

読む前は『グリとグラ』みたいに美味しいお菓子とか、あとはほんわかした和食の物語なんかが書かれていると思ってました(笑)
読んでみたらSFの奇妙な話とか、全く食欲をそそられないグロテスクなはなしがあったりと意表を突かれました。

短編の中の「芋粥」は太った登場人物が騙されて過激なダイエットをさせられる話だったんだけど、この小説を読むだけで食欲が無くなって痩せちゃいそうだった。

一番のお気に入りは「蟹甲癬」。
ぜひ読んで欲しいです。

レビュー投稿日
2019年6月4日
読了日
2018年12月31日
本棚登録日
2019年5月5日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『短編アンソロジー 味覚の冒険 (集英社文...』のレビューをもっとみる

『短編アンソロジー 味覚の冒険 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする