冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)

3.80
  • (875)
  • (1326)
  • (1190)
  • (144)
  • (31)
本棚登録 : 9712
レビュー : 891
著者 :
ハルノさん 辻村深月   読み終わった 

ことしの読み初めはだいすきな辻村深月さんのデビュー作にした。だいすきなのに読んでいなかったのはなんとなくホラーっぽい雰囲気を感じていたせいもあるが、もったいなかったというのがいちばんの理由である。「かがみの孤城」を読んだことで、ではどんなデビュー作からここまで辿り着いたのか? 気になってようやく読むことにした。わたしの辻村作品デビューは「子どもたちは夜と遊ぶ」で、それはもう特別な一冊だが、デビュー作を読んではじめて感じられることもあるだろう。優しさと繊細さをもつ8人がたどり着く場所へ、わたしもともに行く。

レビュー投稿日
2019年1月6日
読了日
2019年1月6日
本棚登録日
2019年1月6日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文...』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする