読書嫌いのための図書室案内 (ハヤカワ文庫JA)

3.76
  • (19)
  • (52)
  • (43)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 776
レビュー : 59
著者 :
魚雷屋の読書録さん その他・一般   読み終わった 

 既視感ならぬ既読感あり。《ビブリア古書堂》シリーズ+《古典部》シリーズ。あと「共感覚」が出てくるところは、《天才月澪彩葉の精神病質学研究ノート》も入っているのかな。高校が舞台になっていて、主人公の男の子は折木奉太郎+五浦大輔。女の子のほうは、千反田えるを篠川栞子に置き換えたような感じ。あと《BIS ビブリオバトル部》シリーズの伏木空も少々入ってるか。
 ミステリー要素のある青春小説といえる。本好きの若い人にはおススメできるが、やはり「どこかで読んだぞ」感がぬぐえない。本(特に小説)の読みすぎなのか(?)、新鮮な感動を得られなくなってきた。少し悲しい。

レビュー投稿日
2020年4月22日
読了日
2020年4月22日
本棚登録日
2020年4月22日
10
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『読書嫌いのための図書室案内 (ハヤカワ文...』のレビューをもっとみる

『読書嫌いのための図書室案内 (ハヤカワ文庫JA)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする