ダイアログ・イン・ザ・ダーク (星海社FICTIONS)

著者 :
  • 星海社 (2012年10月16日発売)
3.18
  • (1)
  • (7)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 197
感想 : 8

"ダイアログ・イン・ザ・ダーク"乙一著 栗山千明朗読 星海社FICTIONS(2012/10/16発売)

・・・短編小説のイラストブック+朗読CDの構成。朗読館シリーズとしては第七弾ですが、第五弾までは声優・坂本真綾朗読で2011年発売。栗山千明朗読としては第二弾。
ストーリーは誘拐された少女の視点で展開。誘拐犯は兄弟。兄は少女を害しようとし、弟はそれを防ごうとするが・・・。

・・・テクニカルで”暗い”短編。ラストに余韻がありわたし好みの短編でした。また、栗山千明の淡々とした語りは先月発売の”願いの叶う家”より作品的には合っているように。少女・兄・弟のセリフ分けや作中、弟が朗読するシーンなど、読み分けも巧みに感じました。
が、ちょっと形式が形式ですので勧めにくいですね。釣巻和のイラストも綺麗と言えば綺麗だったんですが。
(ちなみに”ダイアログ・イン・ザ・ダーク”が乙一のどの作品集に収録されているかはわかりませんでした。”書き下ろし”とは明記されてなかったので既出の短編かと思ったのですが。)

・・・栗山千秋朗読第一弾は一肇”願いの叶う家”で発売済。あと、実際に開催された朗読会の第三弾は京極夏彦”鵺”。が、11月の発売予定にはまだ入っていないですね。12月以降か発売なし、の可能性もあるかと。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 星海社FICTIONS
感想投稿日 : 2012年10月20日
読了日 : 2012年10月20日
本棚登録日 : 2012年10月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする