折口信夫集 神の嫁―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)

3.64
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 6
著者 :
制作 : 東雅夫 
xmayumixさん 邦人作者名 あ~お   読み終わった 

 折口信夫の怪奇をテーマにした短編集。
 とはいえ編者は、東雅夫氏で、未完の作品も多い。なので、帯にあるように「折口文学のエッセンス」だけだといえる。

 釈迢空の歌が好きだし、何よりも「死者の書」が好きなのだ。「死者の書」は、何年かおきに読み返す数冊の中の1冊なのだ。

 あの密度を期待すると、ちょっと肩すかしをくらう。
 が、あの雰囲気を願えば、世界は一変する。もしかして、彼は見えざるものが見えていたのだろうか、そんな人外を感じている空気感に圧倒される。
 
 おしいのは、未完が多いところなんだろう。
 けれど、未完にしてしまったところも、また折口信夫らしいといえばらしいのかもしれない。彼は、画龍点晴なことになるのを恐れたのかもしれない。
 そう思いたい。

レビュー投稿日
2010年6月26日
読了日
2010年6月26日
本棚登録日
2010年1月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『折口信夫集 神の嫁―文豪怪談傑作選 (ち...』のレビューをもっとみる

『折口信夫集 神の嫁―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『折口信夫集 神の嫁―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)』にxmayumixさんがつけたタグ

ツイートする