国境の南、太陽の西 (講談社文庫)

3.52
  • (688)
  • (1110)
  • (2177)
  • (198)
  • (45)
本棚登録 : 9788
レビュー : 867
著者 :
yadamonsさん  未設定  読み終わった 

ぼくが中学生のころたぶん発売日に買ってはじめて読んでからの、何度目かの再読。中学生だった当時の読後感は今でもぼんやり感覚として覚えていて、心惹かれる手の届かない大人の世界を理解できないもどかしさが苦味のような記憶として残っている。あらためて読むジブンは一人っ子のハジメと同じ36歳。結婚をして子供が2人いるのも同じ。青山もジャズも大人の恋愛も自分の人生のなかで通過してきて読むと、テキストがまた違った意味やメッセージを持っていて、すーっと自分のなかに浸みこむような感じ。これまで愛読書の1冊に数えていたけれど、これでしばらくは、あるいはずっと読まなくてもいいかな、と思った。

レビュー投稿日
2015年3月19日
読了日
2015年3月17日
本棚登録日
2015年3月19日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『国境の南、太陽の西 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『国境の南、太陽の西 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする