象の背中 (扶桑社文庫)

3.62
  • (54)
  • (54)
  • (82)
  • (13)
  • (9)
本棚登録 : 485
レビュー : 90
著者 :
yajjjさん 本・雑誌   読み終わった 

迫る自分の死、家族の死を意識した時にどう行動するのか。死を意識することで生を生き抜く事、生の価値を噛み締められる事が出来る。余命半年と告知された48歳の主人公は延命治療を拒否し仕事を辞め、残された時間を全うするために生きる事を決める。当時話題になった秋元氏初の長編小説は期待通りの泣ける本で電車で涙ポロポロ。

レビュー投稿日
2018年10月9日
読了日
2013年7月3日
本棚登録日
2018年10月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『象の背中 (扶桑社文庫)』のレビューをもっとみる

『象の背中 (扶桑社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『象の背中 (扶桑社文庫)』にyajjjさんがつけたタグ

ツイートする