煙か土か食い物 (講談社文庫)

3.79
  • (458)
  • (446)
  • (623)
  • (67)
  • (12)
本棚登録 : 3167
レビュー : 557
著者 :
yamada3desuさん 舞城王太郎   読み終わった 

 面白いです!
 文章が軽快なロックを聴いているみたいに、グイグイと入ってくるので、スラップスティック的な印象を与えるけど、内容はかなりヘヴィーでシリアス。
 ちょっとグロい表現もあるので、そういうの苦手な人は避けた方がいいかも(映画化されたら間違いなくR指定されるだろうな)。
 推理小説としては、「おいおい」と突っ込みを入れたくなる箇所も正直あるし、不安定な印象も受ける。
 それと作者の個人的趣味嗜好を押し出している箇所(レイモンド・カーヴァや町田康に対する記述など)はやはり素人臭いというか、ちょっと遊び過ぎという気がしないでもない。
 その点が少し残念だったので星4つなんだけど、一読の価値はある非常に面白い作品だとお勧めできます。

レビュー投稿日
2018年1月6日
読了日
2018年1月7日
本棚登録日
2018年1月6日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『煙か土か食い物 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『煙か土か食い物 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする