さよならクリストファー・ロビン

3.71
  • (31)
  • (59)
  • (50)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 524
レビュー : 79
著者 :
yamada3desuさん 高橋源一郎   読み終わった 

 なんか久しぶりに著者らしい作風の作品を読んだような印象。
「けいほう」や「アトム」からはあの震災も連想される(ちょうど震災を挟んだ前後に「新潮」に掲載されている)。
 6篇の短編集のようにみえるが、全短編で一つの作品ととらえた方がわかりやすいかと思う。
 ラストの汽車(あるいは汽車の中らしき状況)あたりの状況設定や物語の構成は「ゴーストバスターズ」を思い出させもした。
 五つ星を付けるには、もう少しググっと圧倒されるものが欲しい。
 そう思えるのは、僕の中に「高橋源一郎ってこんなもんじゃないだろう!」という確信があるから。

レビュー投稿日
2018年1月6日
読了日
2018年1月10日
本棚登録日
2018年1月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『さよならクリストファー・ロビン』のレビューをもっとみる

『さよならクリストファー・ロビン』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする