叫び声 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社 (1990年3月5日発売)
3.63
  • (24)
  • (33)
  • (52)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 475
感想 : 44
4

大江健三郎は今のところせいぜい10冊かそこらしか読んでいないけれど、個人的には初期の作品のほうが好きだと思うことが多く、20代で書かれたこれもとても良いと思いました。勝手な印象だけど、大江健三郎はやはり結婚→障がいを持った息子の誕生あたりから、私小説的な方向へ転換した気がするので、それ以前の、純粋に小説っぽい作品のほうが自分の好みには合うのかも。

筋書きだけ追えば、疑似家族的な絆で結ばれた4人がバラバラになり、逮捕されたり殺されたり殺して死刑になったり結局何も達成されない悲惨な結末をそれぞれ迎える、それだけの話ではあるのだけれど、『叫び声』というタイトルと、いつの時代も、ここではないどこかへ向かいたがる若者の心理、たとえ向かう先が破滅であっても突っ走るしかない疾走感、焦燥感のようなものが胸に迫ります。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ:  >え~お
感想投稿日 : 2016年2月8日
読了日 : 2016年2月6日
本棚登録日 : 2016年1月25日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする