青年のための読書クラブ (新潮文庫)

3.84
  • (130)
  • (201)
  • (157)
  • (19)
  • (6)
本棚登録 : 1747
レビュー : 159
著者 :
yamaitsuさん  >さ行   読み終わった 

タイトルには青年とあるけれど、物語の舞台は由緒正しい女学校。(まあ青年には広義で女子も含みますし、読み終わるとなんとなく青年とした意味がわかる気はしますが)。その聖マリアナ学園の読書クラブ部誌に、1969、1960、1990、2009、2019年に起こった出来事がそれぞれの時代の部員によって記録されているという体裁。

いかにも女子高らしく、毎年「王子」を選ぶイベントがあったり、かと思えば生徒会、演劇部、新聞部などが乙女らしからぬ政治的な活動(あくまで学内の勢力争いですが)をしていたり、リアリティとフィクションのバランスの取り方が上手いので、最後まで面白く読めました。

個人的に好きだったのは2章の「聖女マリアナ消失事件」。学園の創立者である修道女マリアナの過去から失踪にいたるまでのお話なのですが、これが妙に泣けました。

レビュー投稿日
2013年6月3日
読了日
2013年6月1日
本棚登録日
2013年5月27日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『青年のための読書クラブ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『青年のための読書クラブ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『青年のための読書クラブ (新潮文庫)』にyamaitsuさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする