鹽壺の匙 (新潮文庫)

3.64
  • (20)
  • (27)
  • (49)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 324
レビュー : 30
著者 :
yamaitsuさん  >か行   読み終わった 

私小説短編集。掌編集になってる「愚か者」が、ちょっと幻想的な部分もあり好みだった。根底に関西弁のリズムがあるせいか文体がとても心地良いので書かれている内容にかかわりなく読むのが気持ち良かった。同じモチーフ(若くして自殺した叔父)が繰り返し出てくるあたり、中上健次あたりに近い印象も受けたけれど、中上よりもなんだろう、なにか描写が「丁寧」な気がする。

恋愛もの(?)のせいか一番「小説」っぽい「萬蔵の場合」は瓔子という、とんだメンヘラ女性のキャラクターが秀逸。同じ女性から見ると大変イラッとさせられるタイプながら、こういう女性にずぶずぶはまってしまう男性は多いのだろうなあ。

※収録作品
なんまんだあ絵/白桃/愚か者(死卵/抜髪/桃の木/トランジスターのお婆ァ/母の髪を吸うた松の木の物語)/萬蔵の場合/吃りの父が歌った軍歌/鹽壺の匙

レビュー投稿日
2017年2月27日
読了日
2017年2月26日
本棚登録日
2017年2月22日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『鹽壺の匙 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『鹽壺の匙 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『鹽壺の匙 (新潮文庫)』にyamaitsuさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする