新ドラキュラ(上) (文庫ダ・ヴィンチ)

3.44
  • (2)
  • (7)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 57
レビュー : 7
yamaitsuさん  ★アメリカ 他   読み終わった 

ブラム・ストーカーの古典的怪奇小説『ドラキュラ』の続編を、作者の子孫(甥の孫だっけ?)がてがけ、すでにハリウッドで映画化も決定という話題てんこもりな本作ですが、中身のほうも、なんかこう、色々盛りすぎ、いかにもハリウッド好みな大風呂敷をめいっぱい広げちゃってくれてます(笑)。

生き残った『ドラキュラ』の主要人物たちが登場するのはいわずもがな、今回ラスボスはすでに300年生きちゃってるエリザベート・バートリ、さらに切り裂きジャック事件までからめてきちゃって、ほかにも実在の人物がちょいちょい登場、極めつけはブラム・ストーカー本人までストーリーに絡んできちゃって、さすがに、え、これどう収拾つけんの?って心配になってきました(苦笑)。

ブラム・ストーカー本人についてはあまり詳しく知らなかったので、オスカー・ワイルドと同じ大学で知り合いだったこととか、さらにの奥さんのフローレンスは結婚前、ワイルドの元・恋人だったとかってエピソードは、『ドラキュラ』からの主要人物であるミナとジョナサンの夫婦とドラキュラの関係を重ね合わせると興味深かったです(ドラキュラ=オスカーワイルドと見做すこともできますね)。

レビュー投稿日
2013年2月8日
読了日
2013年2月7日
本棚登録日
2013年1月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新ドラキュラ(上) (文庫ダ・ヴィンチ)』のレビューをもっとみる

『新ドラキュラ(上) (文庫ダ・ヴィンチ)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

『新ドラキュラ(上) (文庫ダ・ヴィンチ)』にyamaitsuさんがつけたタグ

ツイートする