終末のフール (集英社文庫)

3.61
  • (1503)
  • (3080)
  • (3295)
  • (620)
  • (121)
本棚登録 : 25341
レビュー : 2069
著者 :
yamatamiさん 短編集/連作短編   読み終わった 

再読です。
8年後に小惑星が衝突すると予告されて5年過ぎた頃。余命3年となった仙台のヒルズタウンの住民たちのお話。

「終末のフール」父親と娘の確執が辛かったけど、長男の和也の思い出話が最高におかしかったです。10数年越しに確かに和也は魔物を倒しに来たのだなぁと。

「太陽のシール」の富士夫の決断、友人の土屋家族の気持ちに泣けてきました。

「籠城のビール」はかなり複雑でやるせないのですが…
最後の「三年逃げ切ればいいんだろ?楽勝だぜ」が秀逸です。3兄妹の平和な日々が頭に浮かび、妹や母のいない世界でも最後の最後まで生きようと思えたのだなと、ジーンときました。無事に2人が逃げ切れますように。

「鋼鉄のウール」の苗場さんのぶれない生き方がかっこいいです。「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?」「あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」という言葉が胸にドカンときました。

「天体のヨール」の二ノ宮のキャラが好きです。深刻な状況で嬉々として小惑星の衝突を待っている二ノ宮の天体オタクっぷりがおかしくて、なぜだか癒されました。

「深海のポール」は最後、作りかけの櫓を前に、終末のその最後の瞬間を想像して娘を一秒でも一瞬でも長く生かそうと思う渡部に泣けました。ハチャメチャだけど渡部の父親も素敵です。

新興住宅が舞台ということもあり、家族の話が多かったです。「演劇のオール」も疑似家族のお話…
ダメな父親も出てくるけど、かっこいい父親もたくさん登場しました。終末を前に子どもを生む決断をする富士夫、病気の息子を残して先に親である自分が死ぬという不安がなくなったという土屋、少しでも娘に長く生きてほしいと思う渡部、息子を守って死んだ蔦原の父親、それぞれの子どもへの想いに感動しました。
伊坂さんが描く家族のあたたかくて力強い感じがとても好きです。

レビュー投稿日
2014年6月17日
読了日
2014年6月16日
本棚登録日
2014年2月23日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『終末のフール (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『終末のフール (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『終末のフール (集英社文庫)』にyamatamiさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする