斜陽 (新潮文庫)

3.73
  • (1029)
  • (1136)
  • (1853)
  • (119)
  • (20)
本棚登録 : 9235
レビュー : 1077
著者 :
yamatamiさん 小説   読み終わった 

なっかなかの衝撃作な気がする…
直治の遺書、からのかず子の手紙。ひゃーっ…!

最後の貴婦人である母、破滅への衝動を持ちながらも”恋と革命のため”に生きようとするかず子、麻薬中毒で破滅してゆく直治、戦後に生きる己れ自身を戯画化した流行作家上原。
4人4様の滅びの姿を描く…。

「民衆の友」になりたくて、周りに馴染もうとしたものの、うまく生きることのできなかった直治。「僕は、貴族です」と言って死んだ直治がなんだか哀れで、不憫で…最後の遺書は少し泣けました。
貴族育ちがコンプレックスの直治と田舎育ちがコンプレックスの上原との対比…各々苦悩して生きているのにわかりあえないものだなぁ。

かず子の成長の物語とも読めますが、私はもうかず子が怖くて怖くてしょうがなかったです。
死に向かう直治に対してなんて生きる力にみなぎっている女性なんだろう。
どんどん強くなるかず子、そして貴族の強い時代の終わりを告げるかのようにどんどん弱っていく母。
母娘の共依存みたいな関係性もちょっと怖かった…

母、かず子、直治、上原、みんなどこか痛々しい。
それぞれの立場でこの時代の変容について考えるのもおもしろいのかも。
そういう風に難しく考えずとも、読んでいて普通におもしろかったです。
太宰治の文章って、嫌いじゃないかも。と思えた一冊です。
もう一度、じっくり読もうと思います。

レビュー投稿日
2015年10月15日
読了日
2015年10月7日
本棚登録日
2015年9月28日
7
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『斜陽 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『斜陽 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

けいたんさん (2015年10月16日)

はじめまして(^-^)/

リフォローありがとうございました。

斜陽は好きな小説のひとつです。
内容はちょっと困ってしまう事もありますが、文の美しさがなんとも言えなくて。
太宰の文章が嫌いじゃないかもと書いてあって嬉しくなりました(^-^)

今、風が強く吹いているを読んでいます。
yamatamiさん、好きな本の2位になっていますね。
本当に素敵な話で毎日ドキドキしています♪
明日の箱根駅伝予選会までに読み終わりたいのですが…微妙です(笑)

では、これからよろしくお願いします。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『斜陽 (新潮文庫)』にyamatamiさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする