最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)

3.19
  • (63)
  • (208)
  • (433)
  • (125)
  • (23)
本棚登録 : 2631
レビュー : 311
yamatamiさん アンソロジー   読み終わった 

「春太の毎日」は春太がかわいかった!麻子に向けるまなざしの優しくてあたたかいことといったら・・・!最後の春太の独白(?)が切なかったけど、とても優しい気持ちになれるお話でした。

「ヒトリシズカ」は悲しかったです。悲しい中に切なさと狂気とが混じっている感じがしました。こんな最後の恋は辛すぎる・・・。

「海辺食堂の姉妹」、おもしろかったです。妹が倒れたことによって、明かされる妹の性質。面白い姉妹です。姉さんよかったね!

「スケジュール」はナウシカの件とアイデンティティの件がおもしろいなと思いました。そして、まさかのラスト。自分の中のルールは都合よく臨機応変に変えるもんですよね(笑)

「LAST LOVE」はタイトル通りこの作品集のテーマと一番直結してました。最後に高橋が猫を持ってやってきたところから、とてもきゅんきゅんしてました!

何気に一番この作品集のなかで好きだったのは「わたしは鏡」でした。
作中作の「わたしは鏡」とリンクしている「わたし」の最後の恋。最後のいずみの告白はどきどきしたし、とても潔くて切なかったです。「田村いずみではない別の誰か」が幸せな人生を歩めますように。
謎解き風のお話の進み方もおもしろかったです。

「おかえりなさい」は独白っぽい感じで少し不気味なお話を聞いている感じでした。ぎらぎらした夏、ゆらゆらした大学生の夏休みという気だるい感じと、暗く冷えた老婆の部屋がすごくリアルに想像できました。不思議な夏のエピソードのようで、宗教などが出てきてなんだか現実的なお話でした。

さまざまな「最後の恋」のとらえ方があって、このシリーズおもしろいです。

レビュー投稿日
2013年6月30日
読了日
2013年6月30日
本棚登録日
2013年2月17日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (...』のレビューをもっとみる

『最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)』にyamatamiさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする