猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)

4.04
  • (529)
  • (485)
  • (296)
  • (59)
  • (20)
本棚登録 : 4161
レビュー : 531
著者 :
yamatamiさん 小説   読み終わった 

美しかった。
本当に静かで美しくて慎ましいお話でした。

チェスの描写が本当に音楽や絵画の表現のようで…。

唇。
像のインディラ。
ビショップ。
ミイラ。鳩。猫のポーン。
マスター。バス。おやつの匂い。
いつも自分の味方でいてくれた家族。
令嬢。
総婦長さん。

無限の可能性を秘めた八×八の升目の海への冒険。
そこで奏でられる詩。奇跡のような棋譜。

最後は涙が止まらなかったです。
読んで良かった。

「盤下の詩人」リトル・アリョーヒンの人生に、出会えてよかった。

レビュー投稿日
2014年12月4日
読了日
2014年11月25日
本棚登録日
2014年4月18日
7
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)』にyamatamiさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする