高瀬庄左衛門御留書

著者 :
  • 講談社 (2021年1月20日発売)
4.08
  • (15)
  • (14)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 91
感想 : 19
5

自然の風景描写が細かく一気に江戸時代にワープするような時代小説であった。主人公も自分と同年代である事から、心理描写にも共感を覚え、自分もこの様に淡々と年を取っていくのかと思った。ただ、最後にどんでん返しがありハッピーエンドで終わる事から読後感は爽やかであった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 時代物
感想投稿日 : 2022年4月6日
読了日 : 2022年4月6日
本棚登録日 : 2022年4月6日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする