電通デザイントーク Vol.1

3.92
  • (4)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 6
yangsigma1989さん エッセイ   読み終わった 

クリエイティブの最前線で活躍される方々3組み、計6人の方の対談を編集収録した本。いずれの方々も、有名な方ばかりです。

3つトークがあったので、各論について感想を書くのもありかと思ったのですが、むしろ3つに共通して感じたことを描いてみます。

思ったことの一つは、これからは、いかに目先の利益を上げるかということよりも、問題の本質を見極めて解決策を探る事が大切、ということ。
そのためにも、手段に囚われていけない。あくまでも、たとえば広告やクリエイティブも目的を達成するための手段に過ぎないということ。

もう一つは、「リアル」を大切にすべきということ。
世界は多様性に満ちていて、それらは決してデータや理屈では割り切ることはできない。
ひとりひとりの生身の感性に目を向けることが、とても大切なんだなって感じました。

電通の樋口さんのおっしゃっていた、「日本は問題が多いことが資産」という考えかたは、これからの日本を生きていく上で実に興味深いと思いました。

レビュー投稿日
2015年6月17日
読了日
2015年6月15日
本棚登録日
2015年6月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『電通デザイントーク Vol.1』のレビューをもっとみる

『電通デザイントーク Vol.1』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする