ラヴクラフト全集 (2) (創元推理文庫 (523‐2))

3.64
  • (53)
  • (56)
  • (136)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 888
レビュー : 53
制作 : 宇野 利泰 
yaokumaさん ホラー   読み終わった 

・クトゥルフの呼び声
 これに出てくるクトゥルフという単語から、クトゥルフ神話と呼ばれるようになったらしい。地球規模で複数の人間に似たような恐怖の夢を見させることができる存在。それが海底のル・リエーの家で眠っていると。なかなか壮大なスケールの恐怖感がよい。

・エーリッヒ・ツァンの音楽
 呪いの旋律とでもいうべき音楽を奏でるエーリッヒ。実はその旋律で魔物と闘っていたのだろうか。短いながらも印象深い話。

・チャールズ・ウォードの奇怪な事件
 ネクロマンサーが一般社会に暮らしていたらどうなるか、という話。長い割にはインパクトがなかった。魔術師対決が見られるとは思っていなかった。そこだけが目が覚める思いがした。

レビュー投稿日
2017年3月3日
読了日
2017年3月3日
本棚登録日
2017年2月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ラヴクラフト全集 (2) (創元推理文庫...』のレビューをもっとみる

『ラヴクラフト全集 (2) (創元推理文庫 (523‐2))』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする