四畳半神話大系 (角川文庫)

3.91
  • (2178)
  • (2715)
  • (1973)
  • (315)
  • (86)
本棚登録 : 21323
レビュー : 2123
著者 :
yasuharu519さん 小説   読み終わった 

森見登美彦らしい、曲がりくねった話し方がまるで大学に戻ったような気持ちになり、懐かしくなった。

主人公はいかにも京大生といったような幻のキャンパスライフを夢見た大学生なのだけれど、最初にどのサークルに入るかで4つの話が分かれている。どれを選んでも小津に会い、樋口さんに会い、明石さんと結ばれているのを考えると、ああすればよかった、こうすればよかったと思うことは多々ある人生ではあるものの大筋変わらないのかなと半ば達観したような気持ちになるのであった。

レビュー投稿日
2019年5月12日
読了日
2019年5月12日
本棚登録日
2019年5月12日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『四畳半神話大系 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『四畳半神話大系 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする