きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)

3.64
  • (955)
  • (955)
  • (2244)
  • (92)
  • (24)
本棚登録 : 8208
レビュー : 772
著者 :
制作 : 羽住 都 
管理人さん  未設定  読み終わった 

せつなさの達人というキャッチフレーズをよく見かける乙一。初期ファンタジー短編集を初読。例えば、友達がいない高校生が脳内ケータイで唯一の友達をつくる話。出だしとテンポはいい。オチもそこそこ。なのにどうもダメ。何がダメ?主人公のかずえ(仮名)が、うじうじで、じつは腹黒。まったく感情移入できない。そうすると、どの話も登場人物のやさしい行動が偽善にみえてくる。ごめん、作者のせいじゃなく、かずえのせいなんだ。

レビュー投稿日
2015年5月12日
読了日
2015年5月12日
本棚登録日
2015年5月12日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『きみにしか聞こえない―CALLING Y...』のレビューをもっとみる

『きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする