まさか、汚部屋を卒業できるとは。

著者 :
  • すばる舎 (2017年5月24日発売)
3.08
  • (0)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 39
感想 : 4
3

仕事が忙しすぎて汚部屋の住人(=オベヤー)になってしまった著者が、「汚部屋脱出ログ」というブログを立ち上げ、読者のコメントに助けられながらきれいな部屋を取り戻した、というストーリーを再構築したもの。


ビフォーアフターの写真も小さく載っているが、正真正銘の汚部屋。ゴミがあふれていて、ここで生活してたの?というレベル。
これを読者のコメントはあるものの、ひとりで片付けたのか…と思うと感動する。


著者は自己肯定感が低かったそうだが、痛々しい感じはなく、押し付けがましさもないのでとても読みやすい。
この素直さが、たくさんの人に助けてもらえた理由なんだろうなあと思った。


最初にオベヤー度チェックリストがあり、著者の自己分析からも、オベヤーになりやすい人の傾向がわかる。

私も著者と同じく完璧主義で、一度に全部やろうとして失敗しがちなので、この本にならって少しずつやるよう心がけたい。

How toものではありませんが、心構えなどヒントになることはたくさんあります。
そして何より勇気がもらえます。
※Amazonプライムリーディングで利用

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 2019年
感想投稿日 : 2019年7月28日
読了日 : 2019年7月28日
本棚登録日 : 2019年7月28日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする