火星の話

3.57
  • (6)
  • (10)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 88
レビュー : 17
著者 :
ティガーさん 中学生   読み終わった 

自分は火星にある王国のお姫様だとずーっと言い続けている、佐伯さんと、彼女に恋している佐伯さんのクラスメイトの主人公の高一の国吉くんの話。僕である国吉くんの一人称で語られる。
前半は、これはなんだ?どう言う事?と訝しながら、読むのを止めようか迷いながら、進んだ。国吉くんにちょっかいを出す高見さんが登場する後半辺りからグンと面白くなる。
でも、不思議な話しでなんだか良く分からないまま終わる。後半、よくあるテーマ、できない事を悩んでないでやりたい事やった方が人生は良いぜ、なのかなと思ったら、そうでもない。
不思議、不思議、です。

レビュー投稿日
2017年8月14日
読了日
2017年8月14日
本棚登録日
2017年8月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『火星の話』のレビューをもっとみる

『火星の話』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする