GOSICK ―ゴシック― (角川文庫)

3.63
  • (290)
  • (550)
  • (586)
  • (113)
  • (20)
本棚登録 : 4723
レビュー : 505
著者 :
ティガーさん 中学生   読み終わった 

中学校の司書としては、桜庭一樹を一度は読まなければ思っていました。
これはどう言う意味?どう言うことと思いながら、どんどこ読みました。面白かったです。
主人公の少年一弥は真面目で正義感に溢れ、相方の少女ヴィクトリアは天才ゆえか美少女ゆえか貴族ゆえか、容赦なく一弥を振り回します。そんな二人のやりとりも伏線がある構成も、怖くてグロい話も中高生が大好きだと思います。
誰にも読まれないで、ひっそり本棚に収まっているのは勿体無い。
先ずは文芸部の男子に薦めようと思います。

レビュー投稿日
2017年9月19日
読了日
2017年9月19日
本棚登録日
2017年9月17日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『GOSICK ―ゴシック― (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『GOSICK ―ゴシック― (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『GOSICK ―ゴシック― (角川文庫)』にティガーさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする