デューン 砂の惑星〔新訳版〕 (上) (ハヤカワ文庫SF)

4.32
  • (17)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 217
レビュー : 17
やすおさん SF   読み終わった 

昔観た映画の印象さえほとんど残っていないのだが、新訳版が発行となったので読んでみた。こんな面白い物語だったのかと、今まで読んでなかったことを悔やんだ。本書は3分冊の上巻。砂の惑星アラキスに移封されるアトレイデス家とこれまでアラキスを支配していたハルコンネン家との確執がある中、アトレイデス公爵の息子であるポールが覚醒して...。というのが上巻の話。これで物語の三分の一である。中巻以降の展開が非常に気になる。翻訳がいいのか読みやすい。ところで、旧訳では四分冊だったのが、新訳は三分冊になっている。旧訳よりも文字が大きくなっているはずなのだけど、合計ページ数が大幅に減っている。翻訳の技なのだろうか、それとも枝葉なエピソードが省かれているのだろうか、それともおまけページがごっそりなくなっているからなのか、気になるところではある。

レビュー投稿日
2016年9月20日
読了日
2016年9月19日
本棚登録日
2016年9月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『デューン 砂の惑星〔新訳版〕 (上) (...』のレビューをもっとみる

『デューン 砂の惑星〔新訳版〕 (上) (ハヤカワ文庫SF)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする