雪国 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.44
  • (382)
  • (611)
  • (1239)
  • (199)
  • (42)
本棚登録 : 7742
感想 : 779
5

文字が織りなす作品世界、私は他の作品以上にこの点を強く感じた。

一言一言、
一文字一文字がすべて意味をなし、
無駄なものが一切無く読者に情景を想起させる。
彼のこの作品を体験することで改めて日本語の持つ表現の幅広さを感じることが出来たと思っている。

表現という観点から作品を見た時に頂点に君臨するのが
川端康成の「雪国」であることは私の中では疑いようのない事実である。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2013年8月20日
読了日 : 2013年8月20日
本棚登録日 : 2013年8月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする