十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

4.05
  • (1471)
  • (1569)
  • (908)
  • (127)
  • (28)
本棚登録 : 11139
レビュー : 1253
著者 :
むらさきさん  未設定  読み終わった 

推理小説はたまに読んでいたけれど、なかなか手が出せずにいた綾辻行人先生の作品、初めて読みました。
物語の魅せ方や登場人物の描写、伏線の張り方、そして終わり方…ずっと読み続けられている作品というのが納得でした。面白かった。伏線も自然で違和感なく読めたかなと思います。
時代が今とはまた違い、孤島がより際立っていました。技術が進歩して新しいトリックが増えると同時に、使いにくくなるトリックもあるのかなとこの作品を読み感じました。ネタバレに触れず読めてよかった。館シリーズもマイペースに読んでいきたいです。

レビュー投稿日
2017年5月17日
読了日
2017年5月17日
本棚登録日
2017年5月17日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『十角館の殺人 <新装改訂版>...』のレビューをもっとみる

『十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする