「AV男優」という職業 セックス・サイボーグたちの真実

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013年2月21日発売)
3.41
  • (4)
  • (10)
  • (11)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 70
感想 : 15
2

AV女優に関する本てのはほぼ100%面白いので読んでみたけど、拍子抜け。食い詰めたからとか、借金で、とかじゃなくて、「何となく」ばっか。あまりにも真面目で、仕事に対する姿勢を読んでるとサラリーマンと勘違いするくらい。10000人はいるというAV女優が次々に「消費」されるのに、70人しかいない(これは眉唾)プロの男優は(例えば病気を持ってないなど)安定した人しか選ばれない。このアンバランスは面白いけど、それ以外にはAV女優の変遷みたいに階層化を映す鏡になってる訳じゃないし、ドラマもない。唯一面白かったのは「恋愛」や「セックス」についての感じ方(みんなばらばらだけど)。なんだかな、でした。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ノンフィクション
感想投稿日 : 2014年5月3日
読了日 : 2014年5月3日
本棚登録日 : 2014年5月3日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする