こうして世界は誤解する――ジャーナリズムの現場で私が考えたこと

  • 英治出版 (2011年12月19日発売)
4.02
  • (19)
  • (20)
  • (8)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 282
感想 : 18
5

"中東、アフリカにある独裁国家に住む肌感覚やイスラエルとパレスチナの日常を知ることができる。
1998年から2003年にかけてオランダからの特派員としてエジプト、シリア、イスラエルでジャーナリストとして過ごして記事を送り続けていた著者が、伝えきれなかった部分を補ってくれているのが本書だ。
イスラエルとパレスチナの関係も見方ががらりと変わる。見る視点が変わることで、いろんな気づきを得ることができる。

本書を読んで、メディアからの情報を鵜呑みにすることの怖さにも気がつく。
情報を自由に閲覧できて、個人が発信できる日本にいると、独裁国家の日常は想像すらできない。

様々な視点を与えてくれた良書。"

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 社会・政治
感想投稿日 : 2018年10月21日
読了日 : 2018年10月21日
本棚登録日 : 2018年10月21日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする