太陽の横

制作 : 山木礼子 
  • 短歌研究社 (2021年9月21日発売)
4.40
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 3
5

「未来」の新鋭歌人である山木礼子の処女歌集。子育ての大変さを吐露したひりひりするような歌が印象的だ。「花籠に花あふれゐる病室で褒められてゐるわたしの乳首」「入院着のボタン留めつつちちふさに金鉱脈を眠らせてをり」「友だちはできたかと子に問うてゐる友だちをらぬ母はさびしく」「「日本死ね」までみなまで言はねば伝はらぬくやしさにこのけふの冬晴れ」「やはらかな毛布にふたり子を溶かしわたしも溶ける 報われたいな」「明るいが助けてくれぬ常夜灯 早く寝てくれ寝てください」「帰りたくないと泣かれて何のためにここへ来たのか保育所は夜」「泣きやまぬ子を抱いたまま階段の段を転がりおちてやらうか」「地下鉄でレーズンパンを食べてゐる茶髪の母だついてきなさい」

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2024年2月28日
読了日 : 2024年2月28日
本棚登録日 : 2024年2月28日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする