すべてがFになる (講談社文庫)

3.84
  • (2300)
  • (2418)
  • (2844)
  • (285)
  • (51)
本棚登録 : 17829
レビュー : 2340
著者 :
エプロンパパさん  未設定  読み終わった 

アニメで見たが、内容がよく分からなかったので小説を読んだ。何といっても、ヒロインの真賀田四季が魅力的だ。犀川と萌絵のコンビは、賢いのか世間知らずなのか、ユーモラスだ。16進法に代表される乾いた論理に、魅力的なキャラクターがからんで、爽快ともいえるミステリーに仕上がっている。

レビュー投稿日
2016年2月1日
読了日
2016年2月1日
本棚登録日
2016年2月1日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『すべてがFになる (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『すべてがFになる (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする