ノーライフキング (新潮文庫)

3.38
  • (29)
  • (22)
  • (109)
  • (7)
  • (4)
本棚登録 : 319
レビュー : 33
よちさん ファンタジー   読み終わった 

1988年、ゲームボーイ発売の一年前のこのときに、ネットワークが確立された社会と、ゲームと子供の関係について提唱された小説が書かれたというのは驚くべきこと。
子供が流す噂というものはどれも少し残酷で妙にリアルで、それでも興味を惹かれるものであった。
「たけしの挑戦状」を思わせるような理不尽さとそれに対抗するように噂として広がる攻略法。いざそのゲームの世界が間接的に現実に流れ出してきたら…。
毒にも薬にもなるような噂の強さと怖さ。

レビュー投稿日
2012年12月10日
読了日
2012年12月10日
本棚登録日
2012年12月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ノーライフキング (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ノーライフキング (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする