まるで洗脳のような悪しき呪縛や悪しき習慣から解き放たれて、登場人物達がイキイキとキラキラしてゆく様子がとてもドキドキで爽快な気持ち。どれが一番のクズか選手権したいほどクズばかりの相手に失望マックスな女子ふたりは、イギリスとアメリカという壮大な環境の取り換えっこをすることで、良い出会いも自ら切り開いて本来の自分が持っていた感情や性分を取り戻してゆく。相手のせいだということは簡単かもしれない。でも自分で気づくことができたらなにより。大切な時間は幸せのためにあるべき。

2019年8月17日

期待していた君の名は的な物語力みたいなものは少なかったかも。ただ、映像で魅せる圧倒的な爽快さと納涼ぶりは半端なく、妥協や犠牲の上にあるんじゃない本当の晴れの日のために、私にできることを見つけたい。みんなでみつけたい。

人柱はひなちゃんのそばにもたくさん。誰かのために夢を叶えるために一生懸命なのに、誰からもわからない高みで孤独に苦しみやがて本当に姿を消してしまったブラックなどの理不尽さのなかで生きる、生きた善き人々のヒトガタがひなちゃんに思えた。
ほだかっていう名前から、安曇野っていうさださんの大好きな歌を思い出したことを書いてよいのか迷ったけどやっぱり書いておきます。映画のほだかは穂高じゃなくて帆を高く上げるのほだか。
それに少林寺拳法の、半ばは自己の幸せを、半ばは他人(ひと)の幸せを も思い出した。自分が幸せを知って、幸せを理解してこそ人を幸せにできる。という教え。そこからバランスを崩して犠牲や欺瞞に偏らないようにという戒めの句。

2019年7月27日

ネタバレ
読書状況 読みたい

これで完結というレビューをたくさん見てから映画館へ。
お兄ちゃんが最初に映画館に行ったトイストーリー2は
お兄ちゃんは園児でした。つまりアンディと同じ世代です。リュックにちっちゃなウッディとバズをつけてどこへ行くにもそのリュックと一緒でした。雨の中のボーとのお別れのシーンもあって、大きくなったアンディの笑顔にタイトルの頃にはもう涙腺崩壊。さすがピクサー、笑いもただクスクスっていうんじゃなく3段構えの爆笑シーンまでいろいろ(๑˃̵ᴗ˂̵) 疾走感と美しさも期待以上。泣いて笑っている間に終わってしまったあっという間の2時間でした。賛否両論あるそうですが、賛成に一票。最高のエンディング。

2019年7月15日

カテゴリ 映画

すごくこころに残る映画。見終わったすぐは悲しくて気持ちが言葉にできなかったけど、ここにこの気持ちを残しておきたいです。

暖かい両親のもとで暮らすひとりっこのヘイゼル・グレイスは13歳で甲状腺がんになり肺に転移。危篤にもなったけど、大勢には効かないことで有名な薬が彼女には効いてがんの進行を現状維持にできて、短大に通えるまでに日常生活を回復。ママに送られてなかば無理やりに通うサポートグループの集まりで、彼女は骨肉腫で右足が義足のイケメン、ガス(オーガスタス・ウォーターズ)と出会います。ガスは親友の網膜芽細胞腫のアイザックに連れられて経験を話にきました。
この場所は教会の地下で、グループのひとりがイエス様の心臓の敷物を編み、それを囲んで集まりは進むのですが、すごくみごとなできばえ(´▽`*)です。

出会ってすぐにガスは「すごい。教会の地下に本当にキリストの心臓があった。」といいます。これがずっとこころに残っていました。

ヘイゼルの好きな本は、ピーター・ヴァン・ホーテンの「おおいなる痛み」。闘病しやがて亡くなるアンナという女の子が主人公の物語。最後の10ぺージがない。
アンナの死後、まわりのみんながどうなったかどうしても知りたいヘイゼル。
その望みを知ったガスは、関係者を頼ってメールを送ると、アムステルダムに来られたらお立ち寄りを、という一文が返ってきます。
「ウィッシュ」は、アメリカではがん患者の子どもたちの願いをひとつだけなんでも叶えてくれるもので、もう使ってしまって困り果てていたヘイゼルの望みをガスが叶えて一緒にオランダへ。
オランダの街並みがとてもステキ。めちゃステキ。めちゃめちゃステキ。見事なステンドグラスのホテルが映らなくて残念。オラニエーでごはん。ブルーのドレスのヘイゼルとスーツのガスがとってもイケてる。ソムリエがドンペリを「星の味がする」と伝えていて、飲みたくなったなぁ☆
ここで伝えるガスの言葉があまりにもステキ。
愛なんて虚しいし、人類の努力が全て土に還るのもわかっていて、地球が太陽に呑み込まれるのも承知で、君を愛してる。・・・・・。(T-T)
翌日訪れた望みの綱の作者は、たくさんの手紙を足元に散らかしたままの酒浸りになっていた。彼女は、結末をでっちあげてでも叶えてくれと迫るのですが、そんな彼女をひどい言葉で傷つける。
ここにはどちらがわにもそうしたい理由があるのです。最後までみればその理由がもちろんわかります。実は、ヘイゼルも彼を追いつめ傷つけていたことがわかります。このピーターは、昔「最後の誘惑」でキリストを演じていたウィレム・デフォーです。ふたりを追いかけて、酒に溺れるピーターも今回の出会いで助けられるかと願ったアシスタントは非礼を詫びて、アンネの家への案内をします。
アンネの家は、本当にたくさんの階段で、肺が弱っているヘイゼルには辛いと心配するふたりだけど、彼女は苦しみながらも登りきる。その途中に流れているたくさんのアンネの言葉も何度も彼女を助ける。

子どもには大きすぎる問題でも・・・
空を見上げると・・・
神は人の幸せを祈り・・・

最後のはしごを登ったところで流れた言葉は

思い出すのは悲惨なことじゃなく、
残された美しいこと幸せがどんなものだったか
思い出すのです。
身の回りの美しいことを思い浮かべてしあわせになるの

この家で生き残ったはお父さんのオットーさんだけ。

アンネは、英語ではアンナ。
アンナはイエスさまのおばあちゃんで、
マリアさまのお母さん。
キリストの心臓は、アンナなしではつくられない。
大好きなダヴィンチの絵を思い出します。

ガスはアムスでガンの再発を告げて、悲しみを分ちあう。そして帰国。
たまご投げの後、ガスが感染症で入院...

続きを読む

2019年6月1日

ネタバレ
カテゴリ 映画

4期の制作中のバレーボールアニメ。漫画もとっても迫力があって好き。アニメのop edが秀逸。元気が出ない、モチベーションがあげられないとき、影山君が日向君が、烏野だけじゃない、みんなが魅せてくれる「好き」のチカラと可能性を。

2019年6月1日

ネタバレ
カテゴリ アニメ

ものを言わない亡くなったご遺体も、解剖する人の手によって、誠実であったり思いがけないことであったりの、生きたその思いを正直に伝えることができることも。真摯に誠実に向き合う人がいれば不可能が可能になってゆく。死を通してみつめる生。

2019年6月1日

ネタバレ
カテゴリ ドラマ

いつも家族でみていました。笑いに惑わされるなかれ。夫婦のあり方を考えるチャンスをくれるドラマだと思います。星野源の主題歌のダンスはめちゃみんな踊ったけど、詩がとてもドラマの本質を伝えてるなぁって思います。これから結婚するまだ見てない人にはオススメしたいです(๑˃̵ᴗ˂̵)

2019年5月29日

読書状況 観終わった [2019年5月19日]

主人公のイケメンの中途半端ぶりが酷い。ヨーロッパのスリは集団で悪質で、電車で囲まれた周りがみんなスリだとか、アイスをかけて助けるふりをする男が実はスリとか、カバンごと切られることもあるって読んでたからスリっぽいぞと思っていたらやっぱりそうだった。助けようとした彼の勇気は理解したいけど、スられたスマホを取り返すところからすべてが他力本願で自己中心で無責任。イケメンが台無し。あやふやさが人々を自分をそれぞれこんな酷い結果に導いてしまうことを啓発したい作品でもあると途中で理解。わかりやすく 、というよりも、見せ方で想像の斜め上をゆく展開になってインパクト倍増。フランス映画もやっぱりステキ。

2019年6月1日

ネタバレ
カテゴリ 映画

平日17週85献立223レシピが載っています。食事作りって波があって、どうにも思いつけない時期はお惣菜に頼ってしまったり。この本はそういうムラやアンバランスな栄養状態を払拭してくれそう。波に乗ってサーフィンしてるうちに、バランスのとれた献立でスマートになれそう。2冊めは秋冬Vrです(๑˃̵ᴗ˂̵)

2019年5月11日

読書状況 いま読んでる

A4サイズの大きな本です。
189までが関東で235までが東日本の風景です。
理路整然という言葉が似合う町並みです。
白黒だけど、美しいです(๑˃̵ᴗ˂̵) 幕末の景色です。
呑気に見ていたらいきなり獄門首が。
257ページ閲覧注意です。
ドラマじゃない幕末に行きたい人はぜひ。

2019年5月29日

読書状況 読みたい

ちょっと前にDVDで。嘆きの壁という信仰対象にステッキを入れるような無作法をポアロさんがするようには思えなくて最初は違和感でいっぱいだった。そのステッキが事件解決には役に立つんだけどやっぱり違う感が今もする。危うい足場の上に乗りながら展開されるこの物語は、謎解きそのものじゃなくて、ひとりの人の命が失われることで、どれだけの人が更に命を奪われたり深い傷を負うのかがとても印象に残る作品だった。

2019年5月11日

ネタバレ
読書状況 いま見ている

アガサ・クリスティの小説。この小説はミステリーじゃない枠ですが、ミステリーだと感じるところも。
私にとって読み終わっていちばんミステリーだったのはロドニーの気持ち。

いろんな違う環境、立場隔たりのある人々のなかで、ジョーンは娘の家族を見舞う旅で祈り(祈っちゃったから神さまが叶えちゃって)回心にたどりつく。

この物語の下敷きには、シェイクスピアのソネット(14行詩)がある?この物語を暗唱したり読んで育ったふたりの言動や想いに影響を与えているんじゃないかって、ソネットをゲットしてみてやっぱりそう思います。小説を読み終わってもなんだかモヤモヤしてて、ソネットも読んでみてやっとこの小説が終わった感がある。
この小説は、ソネットへのオマージュという風にも思えるし、その影響力への風刺という風にも思える。ソネットをもっとしっかり読むとまた違う感想があるかも。

小説のなかの「シェイクスピアも人の子」っていう言葉がとても好き。

結婚は契約で連帯の意図の証明という言葉も。

それから、ジョーンの両親のお話あたりから「母のようになれば子どもは苦しむと思ったんじゃないか」と考えが変わって、ジョーンに対する私の気持ちの大切な転換点だった。

ジョーンの女学院のギルビー先生の言葉も好き。的確な考察を贈られているからといって素直にキャッチできたら苦労はしなくて、わかっていながら逆らってしまう自分もいる。ちょっとジョーンに同情も。

それから、誰かが一緒に歩いているような気がするけど誰もいないっていうシーンを読んで、足跡がひとつしかない、でもそれはキリストがあなたを背負って歩いていたからだっていうお話を思い出して、次の展開がわかった気がする。

ブランチの、あなたへの借金ふみたおして気になんかするもんですか、に「ブランチ・ハガードなるほど感」が増した。そらあかん。
最後に憧れのオリエント急行がでてきてドキドキ。出会うサーシャを最初はスパイかと思った。心情を的確にキャッチ、主人公が吐露すると彼女のイギリスをdisりはじめるから。でも、理由はその章を読んでしまうまでわからない。知ると納得することで、背景や理由も知らずに言葉の行方を決めるのは危険なことだと最後までこのお話は伝えていた。

最後のロドニーの言葉は、ジョーンへの憐憫にとれる言葉で終えている。その彼女が回心という大きな恵みを受けたことを気付かないという真実はこの物語の肝?

ジョーンは誰の決断も尊重しない。彼女の価値観だけが彼女のものさし。それにジョーン以外の誰もが気付いていることがなによりの救い。回心は彼女にしかできないから。補いあって保たれているこの家族に、結婚は契約という言葉がとても響く。

2019年4月20日

ネタバレ
カテゴリ 小説

マイ・インターンを先にみて、この映画あってのあの映画なのかなって思えなくない(๑˃̵ᴗ˂̵)
メリル・ストリープの弟子から守破離したアンも華やかだけど醜くもめまぐるしく変化する日常に忙殺されず戦い続けるメリルもステキ、
たとえ辞めなくても自分のなかでしっかりと意識できれば十分かも。
悪役がいるわけじゃなくて、キャストの誰もがそれぞれいまを精一杯歩いていてとても元気をもらえます。
メンタリストのジェーンがいつもよりちょい甘キャラでステキだった。

2019年4月20日

カテゴリ 映画

この映画を日本語で見る人は、字幕が必要。歌が物語の内容にしっかり混ざってるので歌詞が不可欠なのに、そこだけつくということがないのでだんだん意味不明になってゆく(๑˃̵ᴗ˂̵;) タイトルがスプレーだからくさそうだなって思ってたら、引火するやんって思うくらいクライマックスでスプレーまきます。ただ、内容はイメージと違ってキレッキレでパワフルな歌とダンス。男の子がザック・エフロンだと途中で気づいて違う意味でショック。お母さんの正体にもさらにショック。脇役がゴージャス。みんなすぐ気付いたのかな。私ったら。 元気をもらえる作品です(๑˃̵ᴗ˂̵)

2019年3月30日

読書状況 読み終わった [2019年3月30日]

BS放送中です(๑˃̵ᴗ˂̵)
メリンダが宜保愛子さんなんだけどおっちょこちょいでキュートな女性。声優さんの声も彼女の魅力をマシマシにしてるように思います。ちょっと雑な展開にガッカリする回もあるけど、メリンダのチャーミングさでチャラになる感じです。

2019年3月4日

読書状況 いま見ている

お店を持つ夢を持つセブと女優になりたいミアはある日恋に落ちる。恋するまでは純粋に夢を追っていた二人だったけど、その幸せを安定させるために惰性や妥協を受け入れ始めるセブとそのことに疑問を持ち葛藤するミア。すれ違いやがて離れ離れになる。月日は流れてお互いの夢が叶っていることがわかる映像が流れる。こどもと遊ぶミアの姿が映る。ミアは夫と一緒に偶然セブの店に入る。別れ際、ミアとセブはそっと見つめあってそっと微笑みあう。どちらかが夢を諦めて二人がそばにいたら今以上に幸せだったのか。ふたりが夢を諦めて一緒にいる選択をしたほうが幸せになれたのか。それはふたりにしかわからない。わからないけど、せめてふたりともどうか幸せでいてほしい。

2019年3月4日

ネタバレ
読書状況 いま見ている

この作品は、ストーリーをクリアする楽しみよりも、誰かの圧倒されるような素晴らしい作品をYouTubeとかでみられる楽しみだったりします。今回はそれをゲーム内で見られるようにしてくれています。ビルダーズは正直言って酔います。時間泥棒とも言われていますので、なにかを忘れて没頭して気持ちを切り替えたい人にはオススメできます。1で悲しかった部分の大半が改善されていると思っています。チームのみんなが一緒に作って参加してくれる展開は特に胸アツです(๑˃̵ᴗ˂̵)

2019年3月4日

読書状況 プレイしている

ソードアートオンラインアリシゼーションのオープニングがADAMAS。エンディングは蒼井エイルのアイリス。どっちもすごく好き

2019年3月4日

読書状況 いま聴いてる

三月のライオンのオープニングでした。メロディーラインが変則的だけどとてもグッとくる。これからの季節に聴きたい一曲

2019年3月4日

読書状況 いま聴いてる

最初から最後までぶれない暖かなフランクの姿勢が、この物語の闇の深さを伝えていた。愛は人を変えうるもの。ギフテッドとは特別な才能を持つ子どものことを指すのですが、掛けられていますよね。お兄ちゃんの借りてきたのを拝借したのですが本当に見てよかった作品でした。主人公の女の子が本当にギフテッド に見えて、そしてとびきりキュートだった。彩りも音楽もステキだったです。

2019年3月4日

読書状況 観終わった [2019年3月4日]

2冊めですが、この本はすべてがレシピじゃなくて、冷蔵庫の管理のための本。新婚さんとか自炊1年生の大学生や社会人の方にはとってもためになるんじゃないかと思います。いわゆるレシピの前のお料理の準備の本です。でも、これをきちんとやれば食生活の充実は確実。

2019年2月16日

カテゴリ かたづけ本

シンプルに暮らすための衣食住。わかりやすく、読みやすいです。

2019年2月16日

カテゴリ かたづけ本

学生の頃一気読みして、いろんなことを考えるチャンスをもらいました。考えるべきことを。医師免許をお持ちの手塚治虫さんは奈良県立医大を卒業されて学長室に手塚さんのイラストがあるということをなにかで読みました。奈良県民の私はとても嬉しかったことを思い出します。

2019年2月16日

キンハをはじめてお兄ちゃんがプレイしたのはハリーポッターと同じ小学1年生。PS2からはじまってPS4になった本作は圧倒的な美しさと雄大さと楽しさでいっぱいな模様。グミシップも強化されていて経験値にも絡んでいるみたい。前作まではハードがあれこれ変わった(DSにもなった)ので今作で完結するらしいストーリーを追いたい人はパッケージになっているものをPS4でまとめてできます。

どうやら続きがあるしかないラストだったらしいですよ。

最近感想が途中で切れてしまう状況が起こります。

2019年2月3日

カテゴリ ゲーム
ツイートする