新世界より(上) (講談社文庫)

3.97
  • (1117)
  • (1346)
  • (822)
  • (148)
  • (36)
本棚登録 : 10113
レビュー : 868
著者 :
読子さん  未設定  読み終わった 

世界観が凄い。人類がPK能力を持つと世界はどうなるか。「国立国会図書館つくば館」の端末機械である「ミノシロモドキ」が語るおぞましい歴史は大変説得力があった。持たざる者はやはり奴隷となるしかないのか。呪力というPKを持ち神様と呼ばれる人間側から物語は書かれているが、実は現在の私たち人間はバケネズミ側なのだ。今後の展開が楽しみ。同種間攻撃抑制のための愛の生活と愧死機構が興味深かった。

レビュー投稿日
2013年7月31日
読了日
2013年7月31日
本棚登録日
2013年7月31日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新世界より(上) (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『新世界より(上) (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする