小説家という職業 (集英社新書)

4.03
  • (10)
  • (16)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 107
レビュー : 13
著者 :
読子さん  未設定  読み終わった 

電子書籍をDolyで。本文のフォントをゴシックに出来なかったのはこの著書が対応していないのかリーダーのせいか。前に読んだ『作家の収支』で出版社や編集者への意見をこの本に書いたとあったので読んでみた。案の定、旧態依然の体質が出版業界を不況に追い込んでいるというお叱りだった。書く前にきちんとした契約を交わさない、ビジネスとしての計画性がない、出向いて来れば済むと思っている等、具体的で面白い。確かに出版界には理系の頭が欠けていると思う。書く側はとにかく自分で書く事だ、とブレていない。

レビュー投稿日
2017年7月2日
読了日
2017年7月2日
本棚登録日
2017年7月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『小説家という職業 (集英社新書)』のレビューをもっとみる

『小説家という職業 (集英社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする