戦争の日本中世史: 「下剋上」は本当にあったのか (新潮選書)

4.03
  • (20)
  • (31)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 291
レビュー : 32
著者 :
yommaru1さん  未設定  読み終わった 

社会科学に興味があるなら『応仁の乱』よりもこっち。制度の特徴が歴史にどのように影響を与えたか、社会環境の変化に応じて制度が生成・変化していく様の記述が多々ある。(かなりくどいが)戦後史学、特に日本史研究に対してマルクス主義がいかに影響を与えていたかを考えさせられるのもよいところ。

レビュー投稿日
2019年3月28日
読了日
2019年3月28日
本棚登録日
2019年3月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『戦争の日本中世史: 「下剋上」は本当にあ...』のレビューをもっとみる

『戦争の日本中世史: 「下剋上」は本当にあったのか (新潮選書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする