三四郎 (新潮文庫)

3.53
  • (293)
  • (542)
  • (957)
  • (83)
  • (20)
本棚登録 : 5324
レビュー : 491
著者 :
しゅーはるさん  未設定  読み終わった 

流されるように生きる三四郎と、活動的な与次郎の性格の対比が面白かった。三四郎はとても受動的だけれど、心理描写やセリフからときおり美禰子に対する気持ちが見える。ストレートに恋愛感情を表現しないのは、時代のためか、それとも登場人物がストレイ・シープであることを表現しているためなのかわからない。でもそこが良いのだと思う。読んでて結構ときめいてしまった。

レビュー投稿日
2018年8月22日
読了日
2018年8月22日
本棚登録日
2018年8月13日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『三四郎 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『三四郎 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする