本・子ども・大人

3.38
  • (2)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 41
レビュー : 7
ヨナキウサギさん 本の本、本屋さんの本、本読みの本、……、   読み終わった 

刊行年からしても(原著は1932年刊)、もはや「古典」と言ってもいいのかもしれない。「世界中の子どもを可能性いっぱいの人間と見、かれらが本質を見ぬき、本を選択してきた事実を認め、その力にふさわしい本を与えよと主張する」、フランスの文学史家ポール・アザールの著。といっても、堅苦しく小難しいものではない。ここで語られる子どもの魂の、なんと魅力的なことだろう。子どもと大人を殊更に対比させたり、フランスおよびヨーロッパからの見方に偏っているきらいは否めないが、それでもここに挙げられている様々な「児童書」(これまた既に古典と言っていい)は、今も魅力的だ。

レビュー投稿日
2009年5月27日
読了日
2009年5月27日
本棚登録日
2009年5月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『本・子ども・大人』のレビューをもっとみる

『本・子ども・大人』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする