天地明察(上) (角川文庫)

4.03
  • (926)
  • (1246)
  • (630)
  • (75)
  • (16)
本棚登録 : 7781
レビュー : 780
著者 :
yone97さん  未設定  読み終わった 

江戸時代の理系オタクである渋川春海の興味深い話であった。碁、算術、天体観測とも当時は師もなくルールも決まっていない状態でやっていたので大変な反面興味深いものだったと思う。暦もいくつかあり、新たなものを作っていかないといけないとは初めて知った。松平信綱、保科正之、関孝和、安井算哲。下巻の新しい暦を作り上げていくプロセスが楽しみだ。

レビュー投稿日
2017年7月9日
読了日
2017年7月1日
本棚登録日
2017年6月24日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『天地明察(上) (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『天地明察(上) (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする