幸せな選択、不幸な選択――行動科学で最高の人生をデザインする

3.83
  • (12)
  • (15)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 200
レビュー : 14
制作 : 中西 真雄美 
yonosukeさん 裁断・PDF   読み終わった 

再読。行動経済学で幸せになりましょう本のなかでも、この本は非常に実践的でグッドだと思う。(1) ウェルビーイングはハピネスです、ハピネスは楽しさとやりがい(pleasure and purpose)からなります、どっちに重きをおくかはひとによよります、(2)「注意」・フォーカスがなんに向いてるかによって感じられるハピネスが影響されるのでよく考えて注意しましょう。

洗練されていて哲学的にも重要な感じ。フレッド・フェルドマン先生もうなづくんじゃないかという気がする。この先生はカーネマン派で、セリグマン派に比較すると「美徳」とかそういうのはあんまり重きをおかない感じ。

レビュー投稿日
2019年3月31日
読了日
2015年9月22日
本棚登録日
2015年8月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『幸せな選択、不幸な選択――行動科学で最高...』のレビューをもっとみる

『幸せな選択、不幸な選択――行動科学で最高の人生をデザインする』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『幸せな選択、不幸な選択――行動科学で最高の人生をデザインする』にyonosukeさんがつけたタグ

ツイートする