はらぺこあおむし

4.09
  • (895)
  • (408)
  • (680)
  • (10)
  • (7)
本棚登録 : 4931
レビュー : 702
制作 : もり ひさし 
よぴ吉さん 絵本   読み終わった 

 言わずと知れた,定番絵本。
 子どもに読み聞かせをするときに必ず挙げられる本なのでは。

 たまごからうまれた,ちっぽけなあおむしは,げつようびにりんご,かようびになし,と,いろんなものをどんどん食べていきます。はらぺこなあおむしは,あまりにも食べすぎておなかがいたくなってしまったのですが……。

 ストーリーはまっすぐで小さい子どもにもよくわかります。
 また,絵本の色合いがとにかく鮮やかできれい。
 きれいだなあ,明るい色だなあ,っていうのが小さな子どもの成長に,とっても大切なんだなあと実感できます。
 それから,絵本のページが,果物1つずつずれた裁ち方になっていて,5種類の果物がならんできれいに見えているのと,りんごやなしやすももに穴が空いているのとが,小さな子どもの心をがっちりつかみます。
 うちの姉妹は何回も何回も読んで,今うちにある「はらぺこあおむし」は手垢と謎のシミがついて残念な感じですが,それもまた子どもたちに愛された本の証拠なのでしょう。

 対象年齢は,0歳から。4か月検診のときの,ブックスタートにもよく使われる本のような気がします。
 お母さんが赤ちゃんを膝に抱っこして読んでやると,赤ちゃんは意味がわからなくても直感的に食い付いてきます。穴に指入れます。(笑)

レビュー投稿日
2014年4月4日
読了日
2014年4月4日
本棚登録日
2014年4月4日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『はらぺこあおむし』のレビューをもっとみる

『はらぺこあおむし』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『はらぺこあおむし』によぴ吉さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする