ピーターラビットの野帳(フィールドノート)

4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
よぴ吉さん 自然科学   読み終わった 

 ピーターラビットの作者として知られるビアトリクス・ポターですが、二十代はじめの頃から三十歳くらいまで、きのこ類や植物の化石などのスケッチをたくさん残し、アマチュア科学者として論文も書き上げています。残念ながら、当時のイギリスの女性差別もあり、ポターは科学者として生きることを断念しますが、これらのキノコ、菌類や化石のスケッチを元に、科学者としてのポターに迫った本です。

 ナショナルトラストの創設者の一人で、牧師でもあるハードウィック・ローンズリー師は、湖水地方の歴史的建造物、自然景観を守るために活動してきた人です。ローンズリー師の考えに共感し、ナショナルトラストのために鋭意活動していくポターですが、たくさんの菌類、化石類のスケッチをアーミットライブラリーに寄贈します。そのたくさんのキノココレクション、化石、植物、動物などのスケッチを紹介しながら、ポターの研究を追っています。対象をしっかりと観察し、緻密で美しいポターのスケッチは芸術的なばかりでなく、正確に描かれ科学的です。

レビュー投稿日
2018年5月10日
読了日
2018年5月10日
本棚登録日
2018年5月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ピーターラビットの野帳(フィールドノート...』のレビューをもっとみる

『ピーターラビットの野帳(フィールドノート)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ピーターラビットの野帳(フィールドノート)』によぴ吉さんがつけたタグ

ツイートする