つめたいよるに (新潮文庫)

3.59
  • (898)
  • (958)
  • (2403)
  • (120)
  • (26)
本棚登録 : 9786
レビュー : 987
著者 :
yoppandoさん じんわり   読み終わった 

どのお話も、季節がいいなぁと思った。クリスマス、桜の咲く季節、夏の始まる前、夏が終わった9月。
真夏のような、今現在何かバリバリやってます!!って感じの季節じゃなくて、
何かが終わって始まりそうな感覚が本全体から感じ取れた。

特に「デューク」を読んだ後は、「ワタシの人生であなたはとても必要なんやで!」って大切な人やモノに伝えたくなる。必要とされたいっ愛されたいて思う前に、それを自分から伝えるのは大事やし、その感覚をもっと味わおうと思わされた。どんなに好きなものも、ずっと一緒には居れない。伝える手段を持たなかった犬のデューク、伝わったとワタシは思う。

レビュー投稿日
2015年3月4日
読了日
2015年3月4日
本棚登録日
2015年3月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『つめたいよるに (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

ツイートする