シロクマ号となぞの鳥 (アーサー・ランサム全集 (12))

3.81
  • (3)
  • (7)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 4
制作 : アーサー・ランサム  神宮 輝夫 
よりさん 児童書   読み終わった 

ランサム全巻読みました~。と言うか読み終わってしまった。まだまだ続きそうな気がするのにココで終了かあ。残念。

読んでいると今では動物愛護国、自然保護国として名高いイギリスも昔はそのような気風も一般ではなかったんだなあと言うことがよくわかります。最初の頃、キャンプをした後彼らがゴミを持ち帰る描写が無いので食べ終わった後の缶詰はどうしたんだろう?と不思議に思ったのですが。多分その場に投棄でしょうか。マッチやこまごましたものも川に捨てている描写があり、今とは違うんだろうなあとしみじみ思いました。(みかんの皮は土に埋めてますが)
シリーズ後半になると水鳥の保護運動を行う子供達のグループが登場し、大分意識が変わったことがわかりますが。

それにしてもこのシリーズを子供の頃読んだならきっと帆船に乗ってみたくなったことだろうなあと思いました。とても面白かったです。と、言うわけで最後にシリーズ全体の票も加えてこの評価です。

レビュー投稿日
2012年5月1日
読了日
2012年5月1日
本棚登録日
2012年5月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『シロクマ号となぞの鳥 (アーサー・ランサ...』のレビューをもっとみる

『シロクマ号となぞの鳥 (アーサー・ランサム全集 (12))』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『シロクマ号となぞの鳥 (アーサー・ランサム全集 (12))』によりさんがつけたタグ

ツイートする