田舎教師 (新潮文庫)

3.35
  • (12)
  • (21)
  • (62)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 342
レビュー : 38
著者 :
よりさん 小説   読み終わった 

図書館で。
田舎(と言うほど田舎でもない気もするけど昔の交通手段を考えると都会と田舎は確実に分かれてたんだろうな)の青年が志だけはあるもののカネもコネも決断力もなく日々暮らし、若くして亡くなるというお話。解説に「たいくつな話」とか書いてあってそこまで言っていいのかなぁとは思ったけれども確かに退屈と言えば退屈なお話。

知人だか知り合いだかの日記を元に書かれた作品、と解説にありましたがこれ、自叙伝じゃないから面白くないのかも。井上靖のあすなろ物語とか面白かったしなぁ。やはり当事者の出来事でないとどこか他人事というか俯瞰した見方になってしまうのかもな、なんて思ったりしました。

レビュー投稿日
2018年5月21日
読了日
2018年5月18日
本棚登録日
2018年5月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『田舎教師 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『田舎教師 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『田舎教師 (新潮文庫)』によりさんがつけたタグ

ツイートする