黄色い部屋の謎 (創元推理文庫 108-1)

  • 東京創元社 (1965年6月21日発売)
3.31
  • (10)
  • (36)
  • (73)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 307
感想 : 40
3

横溝正史の本を読んでいて密室の古典だよ、とあったので興味を持って図書館で借りてみました。正直ラストにええっ?という感じでした。そして少し描写がくどいなあとは思いましたがトリックはさすがになるほどと思いました。

それにしても彼が犯人と言うのはちょっと卑怯…というかびっくり。彼女の過去は何かありそうだなあと思っていたのでそれほど驚きもなく読んだのですが続きで補完ってのはずるいですね。でも続きは彼女の過去の秘密をえぐるだけになると思うのであまり読む気にならないなあ…。私は犯人
にちょっと同情。もう少し早くに連絡取り合えば良かったのになあと読み終わった後思いました。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ミステリー
感想投稿日 : 2012年9月27日
読了日 : 2012年9月27日
本棚登録日 : 2012年9月27日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする