さくらんぼの性は (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

3.89
  • (19)
  • (21)
  • (26)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 175
レビュー : 13
制作 : Jeanette Winterson  岸本 佐知子 
よりさん ファンタジー   読み終わった 

図書館で。
アトラスの話が面白かったので読んでみました。最初とっつきにくいなぁと思ったんですが犬女の登場辺りからこれはこういうスタイルなのね…とわかると面白く読み終えることが出来ました。

それにしても犬女の彼女はすごいキャラだ(笑)後書きの「気は優しくて人殺し」ってフレーズがまさにって感じ。彼女は不言実行タイプなんだろうなぁ…

男性が英雄を目指し、時空を越えて犬女の魂を持つ彼女と出会うくだりはロマンティックとも言えるかもしれない。正しいと思う事を正しく行える人は滅多に居ないから、だから煙たがられるのだろうか?まあ…大抵の場合人は民主主義の多数に圧倒されますからね… だからこそ目を瞑りたくなるのかもしれない。

とりあえず他の本も読んでみようと思いました。

レビュー投稿日
2017年12月18日
読了日
2018年6月29日
本棚登録日
2017年12月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『さくらんぼの性は (白水Uブックス―海外...』のレビューをもっとみる

『さくらんぼの性は (白水Uブックス―海外小説の誘惑)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『さくらんぼの性は (白水Uブックス―海外小説の誘惑)』によりさんがつけたタグ

ツイートする